愚者のひとりごと。

一個人の日々の戯言。

遭遇。

今日は朝からツグちゃんがパタパタと動き回り、羽がボロボロになってきたので💦

どうしたものかと思っていると、実家の母が

「部屋の外に出したほうがいいのかも」と言うので、

玄関のところにケースを置いて様子を見ることにしました。

外からの風も入ってくるし、それほど暑くもないのが良かったのか

だいぶ落ち着いてきたようで、ほっとしました。

 

虫でも猫でも犬でも、つい話しかけてしまうのが癖で、

ツグちゃんにも毎日話しかけていますが・・

蝶が相手だと、餌(ハチミツ水)をどの程度必要とするのかが全く分からず💧

「ツグちゃんがしゃべることができたらいいなぁ」と切実に思います。。

ペットボトルの蓋の中にハチミツ水を入れて、ツグちゃんの口のところに持っていき

飲むのを待つのですが、

昨日も今日もストローのような口をのばして飲んでいたので、大丈夫かなと思いつつ

足りているのかどうかが心配です。

 

虫に話しかける・・と言えば、昨日の夜はクモと遭遇しました。

そのまま進んで家の中に入ってしまうと困るので、

「悪いのだけど、方向転換してくれる?ごめんね」と言うと、偶然なのか

クモは今来た道のほうへ向きを変えて・・行ってしまいました。。

本当に言葉が通じていたら面白いけれど、きっと出来すぎた偶然だよね?と

自分でも思いました。(笑)

毒グモは論外ですが、ハエトリグモとかアシダカグモとか結構好きなので、

あまり殺したくないというか・・

その気持ちが通じたのだったらいいなと思っています。

 

 

同じ虫でも・・ちょっと災難だったのが、先々週のこと。。

夜眠っていたら、急に左手の薬指に痛みを感じて目を覚ましました。

結婚指輪の少し上くらいを何かに咬まれたような痛みで、直感的に

「ムカデだ」と思いました。

痛みと眠気で辛かったけれど、子どもが両脇に寝ているので

絶対に見つけてやっつけなければと思い、懸命に探しました。

本当ならば、ムカデに咬まれたらすぐに熱めのお湯(46℃くらい)で

洗って毒を流さないといけないのですが、

まずはムカデを探さなければと、そればかりを思っていました。

木曜日午前2時40分頃のことです。

 

私が起きているのを感じてか、息子が目を覚まし、異常を察して

「ムカデが出たの?」と、眠い目をこすりながら訊いてきました。

私は頷いて、ムカデ探しを続行し・・何故か偶然に

息子の敷布団の上のほうの裏側にじっとしているムカデを発見したのです。

その時に何故そこにムカデがいると分かったのか、今もよく思い出せないのですが

とにかく見つけることができたので、ムカデ用殺虫スプレーで退治しました。

ムカデを始末した後、息子には安心して休むように言い、

自分は咬まれた指を洗いに洗面所へ行きました。

 

ポットのお湯を使い、熱めのお湯で洗い流そうとしましたが

さすがに少し遅かったのもあり、指の痛みもあったので、

夫の寝ている部屋へ置いている虫刺されの薬を取りに行きました。

寝ている夫には申し訳なかったのですが、起こして事情を説明し、

薬を出してもらいました。

f:id:eternalchild:20200701165934j:plain

以前大きなムカデに足を咬まれた時に、夫が見つけてきてくれた薬です。

毒性の強い生き物に刺されたり咬まれたりした時には、

『ムヒアルファEX』がTVCMでは有名ですが、

こちらの『ウナエース』もかなり即効性が高いです。

なので、ウチはこちらを常備しています。

 

今回も、小さくはないムカデだったのですが(体長が10cm以上はあった)

薬のおかげなのかすぐに痛みは無くなり、腫れも小さかったです。

何よりも、子どもたちが無事だったので、本当に良かったです。

私自身は咬まれても、すぐに自分で処置できるので(『ウナエース』のおかげです)

ダメージはあまり感じないのですが、もし子どもが咬まれていたらと思うと

そのほうがずっと怖かったし、辛かったと思います。

・・先ほど書きましたが、足を大きなムカデに咬まれた時、

子どもたちも同じ部屋に居たので・・咬まれたのが自分でよかったと思ったし、

今回は咬まれてもそれほどでもなかったので、

子どもが被害に遭わなかったことがラッキーだったと思っています。

(私を咬んだ犯人もすぐにやっつけましたし・・笑)

 

 

虫・・と一言で言っても、本当に色々な種類がいるので。。

ウチは田舎で山が後ろにあるので、あまり遭遇したくない虫もたくさんいますが💦

(遭遇したくない動物のイノシシもいますし、汗)

何とか・・共生していくしかないのかなぁと思っています。

 

昨日のことと、保護した蝶の現在。

昨日、亡くなった友人の弔問に行ってきました。

 

eternalchild.hatenablog.com

 一番遠距離に住んでいる友人を除き、4人が集まりました。

私は最寄りの駅でNさんに車に乗せてもらって、待ち合わせ場所に行きました。

久しぶりに皆と会い、話しているうちに・・

亡くなったTさんのお宅に行くのは勇気が要るというか、

亡くなったという事実を目の前に突き付けられることに、

皆不安を感じていることが分かりました。

 

息子さんが自宅で待っていてくれるとのことだったので、4人でお邪魔しました。

よくTさんのお宅にお邪魔させてもらっていた頃、

当時高校生だった上の息子さんにも何度か会ったことがあるので、

お母さん似のしっかり者のお子さんだとは思っていたのですが、

(お仕事をしながらも)部屋もきちんと整理されていて、偉いなぁと思いました。

また、ウチの息子の同級生である下の息子さんも居て、

顔は元気そうだったので(ゲームをしていてこちらを見てはくれなかったのですが💦)

ちょっと安心しました。

 

祭壇にお参りし、皆で彼女の話をしている間も・・

彼女が本当にいなくなってしまったという実感が湧かない、という話になり

息子さん自身もまだ母親を亡くした実感が無いとのこと。。

単身赴任のご主人の代わりに家を守ってきたからこその

彼女が施したDIYや大事にしていた小物たちを、

息子さんがきちんと守り、受け継いで守っているから・・

だから、彼女がまだここに生き続けているような気がするのかもしれないと

感じました。

彼女の「こころ」は今も生きている・・そう思うと、

私自身、泣き顔でいるよりは笑顔で「ありがとう」を伝えたいと思ったので、

そのようにしました。

 

すっかり長居をしてしまいましたが、付き合ってくれた息子さんは本当に優しくて

やっぱり彼女によく似ていました。

8月には、遠方の友人も彼女に会いに行くそう。。

その時はまた皆で集まろうという話になりました。

 

 

 

 

 

そして、金曜日に保護した「ツグちゃん」ですが・・・
eternalchild.hatenablog.com

 

さすがに100均の虫かごは狭いので、

先週の土曜日にダイソーで税抜き300円の透明ケースを買い、中に洗濯ネットを入れて

ツグちゃんが上りやすいようにしました。

(大きい飼育ケースもありましたが、500円するのでやめました💧)

f:id:eternalchild:20200629123355j:plain

洗濯ネットをクリアケースにすっぽりと入れて、下に発泡スチロールのトレイを置き、

葉っぱなどを入れました。

 

ネットを上るツグちゃん。↓

f:id:eternalchild:20200629123442j:plain

 

ネットのファスナーを開閉して、様子を見たり、餌を入れたりします。

f:id:eternalchild:20200629123600j:plain

虫かごよりはかなり広くなり、ストレスが減るといいけれど・・(^-^;

飛べないけれど、よく羽をばたつかせているツグちゃんです。

 

よく実家の母もツグちゃんの様子を見に来て、「可愛いねぇ」と言うので

つくづく・・自分はこういうところ(生きもの好き)が母親似だなと思います。

 

保護。

今日、子どもたちが下校した後のことです。

実家の母が「庭に蝶がいる」と知らせてくれたので、行ってみると

実家のパンジーの葉っぱのところにいたのではないかと思われる

ツマグロヒョウモンの成虫がいました・・でも、何だか様子がおかしい?

ずっと地面を這っているような・・時々飛び立とうと羽をばたつかせるけれど、

飛ぶことができていない。。

よくよく見ると、左側の羽が発育不全のようで、

とても空に舞い上がることができる状態ではありません。

 

このままでは、他の生き物に食べられてしまうかも・・と思ったので、

子どもたちに様子を見てもらっている間に、ネットで飼育方法を調べてみました。

そうこうしているうちに、息子が「蝶が僕の手に乗ってきた!」と言うので、

急いで見に行くと、本当に蝶が手に乗っていて驚きました。

「じゃあ、何か餌でも・・」と、葉っぱと一緒に蝶を虫かごに入れて

ハチミツを水で薄めたものをティッシュに含ませて与えてみると、

早速ストローのような口を伸ばして、ハチミツ水を飲み始めたので

ほっとしました。(なかなか飲んでくれない場合もあるらしいので・・)

 

子どもたちと話し合い、飼育することにしました。

自分で飛ぶことのできる蝶であれば、飼うことはしないのですが・・

f:id:eternalchild:20200626184317j:plain

プラスチック面ばかりだと蝶も辛いかもしれないので、

虫かごの上側に洗濯ネットをかぶせています。

羽が不全なうえに、足も4本しかなく・・不自由ではありますが、

ネットにつかまって休んでいるほうが、蝶もやりやすいようです。

 

ちなみに、模様からすると雌のツマグロヒョウモンで、

息子により「ツグちゃん」と名付けられました。

偶然なのか・・このツグちゃんが息子に保護された後、

同じくツマグロヒョウモンの雌が1羽、実家の庭にやってきて

すぐどこかへ飛んで行ってしまいました。。

もしかしたら、同じ場所で育った蝶かも?しれません。

 

思えば、数週間前に蛹を見つけて、「無事に成虫になったらいいなぁ」と

願っていたのですが・・

f:id:eternalchild:20200626184421j:plain

普段何気なく、当たり前のように飛んでいる蝶を眺める自分ですが、

「完全な蝶」になるのは本当に難しいことなのだと、改めて感じました。

 

旅立ち。

昨日、子どもの幼稚園時代に知り合ったOさんから電話がきました。

「Tさんが旅立ったの・・」

癌で闘病していたTさんが亡くなったという連絡でした。。

 

私自身、先月末にNさんから連絡をもらった時に、ある程度の覚悟はしていました。

・・決して弱音を吐かない彼女が、「もう駄目…」と言ったという話から

かなり深刻な状況だろうと思っていたからです。

 

eternalchild.hatenablog.com

 

もう葬儀は済ませていたらしく、亡くなった日から数日後に

Oさんに息子さんから連絡がきたそうです。

心の整理がつかないままのOさんは、

「もっと自分にできることがあったのではないか」と、自責の念にかられていました。

他の友人たちも皆、憔悴しているようでした。

「もっと連絡をとればよかった」「会いに行けばよかった」という後悔。。

私もTさんの病状が分からないので、無理をさせないようにと思い

なかなか連絡もできない中で新型コロナウィルスの問題が起きてしまい・・

本当に何もできませんでした。

  

私が彼女に何もできなかったことに関しては、

いつか私が死を迎えた時にでも会って謝ろう・・

彼女はとても器の大きな人だから大丈夫だ、と信じているので

(ホント虫が良すぎるけれど・・💦)

彼女の死に関して比較的冷静に受けとめることができたのですが、

残された家族のことを思うと・・本当に辛いです。

特に、下の息子さんはウチの息子と同い年の小学4年生で、

母親を失った悲しみは非常に大きいと思います。

彼女も子どものことをもっと見ていたかっただろうな・・と思うと、

本当に胸が痛みます。

 

すぐにヘタレて「もう駄目~」と投げ出す私に比べ、彼女は本当に我慢強くて・・

あんなに他人に気を遣ってばかりの弱音を吐かない人を、他には知らないです。

最期まで愛情深くて・・強情っぱりな彼女のことを、生涯忘れることはないです。

 

 

いつも明るく元気で、笑顔が素敵で、向日葵のような人でした。。

f:id:eternalchild:20200624192916j:plain

 

「闘病中、身体の痛みや抗がん剤の副作用など

 とても辛かったと思います。

 しんどかったね・・本当によく頑張ったね。

 Tさん、ゆっくり休んでね。」

 

・・彼女への労いの言葉を胸に、今度の日曜日に友人たちと弔問に行く予定です。

 

部分日食と蟹座新月。

最近、目の疲れをやたらと感じるようになり、辛くなってきたので

ブログ更新をお休みして、PCではタロット講座をメインにして過ごすことにし・・。

その間に色々なことがあって、今に至ります。

 

 

本当にここのところずっと体調が悪く、目のこともありますが

何もしたくない気分なのに「タロットはやらなくちゃ」と思って、受講していました。

それと、少しは編み物もしたいと思い、編んでいたのですが

まだ後ろ身頃も完成していません・・💦

f:id:eternalchild:20200621210110j:plain

少しずつではありますが・・形が見えてきたので、

後ろ身頃くらいは近日中に編んでしまいたいです。

 

 

昨日は「部分日食」ということで、我が家の子どもたちも盛り上がっていましたが

観察するための道具(観察用グラスなど)を用意できていなかったのと

曇っていたのとで、見ることができずに残念そうでした。

しかし、兄が日食の動画を探し、タブレットで子どもたちに見せてくれたので、

ほんの少し「見た気」にはなったようです。(笑)

次の機会までには、観察用グラスを用意したいものです。。

 

また、私にとっては「蟹座新月」ということで・・・

エンジェルダイアリーに願い事を書く日でもありました。

f:id:eternalchild:20200621210647j:plain

今回はネットでも「夏至・日食・新月」というワードが賑わっていましたが、

あるブログでは「敏感な人にとっては、微熱が出たり、だるかったり・・」と

書かれていて、まさに自分がその状態になっていたため(偶然なのか?笑)

「おぉ、私は敏感だったのか・・」と、つい独り言。。(^-^;

 

 

 

一方、実家では・・もう私の我慢の限界が来てしまいました。(←数日前のことです)

元々父が家族の意見を全く聞かないタイプで、

自分のやり方を一方的に押し付けることや、他人を貶めるようなことを言うことも

多かった人なので、私はよく父と衝突していました。

「何故、いつも上から目線なのか?」と。

母は父から酷く叱咤され、考える事を停止していたようなところがあるのと、

兄も完治が難しい病を持っているため、それで心配をかけているというのもあり、

父に強く言えないので(元々優しいからではありますが)、

家族の中では、私ひとりが父に対して反抗的になっていました。

 

私が父に反抗することで母が辛い目に遭うことを子どもの頃から分かっていたから、

なかなか言えない時もあったけれど・・。

夫と出会って、「父の言うことはおかしいのではないか」ということが

より理解できるようになり、「父の言うことは絶対」という呪縛から解放されました。

父にとっては「自分は我慢して子どものために頑張っている」ということが、

兄や私にとっては押し付けでしかなかったこと・・

私も親になって気付いたことがたくさんあります。

「子どものため」と言いながら、結局は子どものことをきちんと理解しようとせず、

自分の価値観を押し付けている・・ということを。

 

今回はそれをはっきりと父に言い、

「もうこれからは、私は私の考えで行動する」「言いたいことは言う」と

伝えました。 

しかし、結局怒りを爆発させてしまった自分自身がとても情けなかったです。。

しばらくは落ち込んだりもしましたが、夫が話を聞いてくれて、励まされました。

子どもたちもいるのだから・・自分がしっかりしなくては!と、思い直しました。

 

 

タロット講座を受けるようになって気付いたことですが・・

カードの逆位置は、正位置の意味が「強く出すぎ」ていたり、反対に「薄すぎ」て

「いい塩梅(=ちょうどいい)」ではない状態だということを学んだのですが、

それは「数秘」にも当てはまるのかなぁということです。

私は数秘をきちんと勉強していないので偉そうなことは言えないのですが、

どの数字も「良い、悪い」があるのではなくて、

持っている性質がちょうどよくあらわれると長所になるけれど、

強くあらわれすぎたりすると短所になってしまう・・ということなのかな、と。

誕生数をネットで調べた時に「この誕生数の長所はこうです、短所はこうです」という

書き方をされていることがありますが、

その人が持っている数字の性質をうまく生かせるかどうかで

よい方向に進むこともできるし、まずい方向に向かうこともあるのではないかと

思います。

 

以前受講したTCカラーセラピーの先生が、数秘を勉強されている方で

受講すると特別に私の誕生数などを調べてくれるということで

教えてもらったのですが、あまりその数字に実感が無くて、

正直どう解釈すべきか分からず・・💧

しかし、「長所・短所」という捉え方をやめてみると、

少しではありますが…しっくりくるようになった気がします。

自分を客観的にみるのはとても難しいことですが、自分の性質について知り、

自分を生かせる場や方法を模索することは大切なのではないかと思うので、

これからも色々と勉強していきたいです。

 

今日も、雨。

編み始めてから何日も経つ(はず)なのに、あまり進んでいない娘のカーディガン。

f:id:eternalchild:20200611144203j:plain

グラデーションは綺麗なのだけど・・タロットの勉強もしているし、

編み物に集中できるのは短時間なので、まだまだ先は長いです。。

子どもの幼稚園の行き帰りに、駅で電車の時間を待つ時を利用したりなど

集中して編み物ができていた頃はよかったなぁ…などと考えてしまいます。💦

 

 

今日も雨。

今朝は、「旗当番」でした。

昨日スマホで「(今日は)朝7時頃から雨が降る」と天気予報で知り、

「あ~、明日の旗当番は傘を差してするのか…」と、がっかりしました。

今まで不思議なくらい、私の当番日は雨と縁が無く・・💧

傘を差した状態は慣れていないし、もし大雨だったら危ないと思っていたので、

ダメ元で「天使」にお願いすることにしました。

(「信じる・信じないかは、あなた次第!」という訳なのですが、

 私は信じる派なので、時々このような願い事をします)

「子どもたちの通学時に雨が降りませんように」・・・そうお願いしました。

 

そして朝、起きた時には雨が降っておらず。

「これはもしかしたら、大丈夫かも?」と思いつつ、スマホの天気予報を見ると

やはり7時台は雨降りのマークが。💦

でも、8時台が曇りマークになっていたので、期待できるかもと思いながら

出かける時間になったので外に出ると、曇り模様でしたが雨は大丈夫そう・・。

一応傘を持って出かけましたが、旗当番中は全く雨が降ることなく、

無事に終えることができました。

次の当番家に旗を持って行き、帰宅してしばらくすると

突然大雨が降り出しました。降り出したのは8時台でした。

単なる偶然かもしれないのですが、素直に・・

「願いを叶えて下さり、ありがとうございます」と感謝しました。

 

「天使への願い事」と言えば、以前、豪雨災害が頻発した年のことです。

私たちの住んでいる地域にも大雨が降り続き、裏が山である我が家は危険にさらされ、

これ以上雨が降るようであれば避難しないといけない・・という状況で、

娘が「私、てるてる坊主を作る!」と言って作り始め、

息子も一緒になって作っていました。

二人の作ったてるてる坊主をつるし、娘が「天使さまにお願いする」と言うので

3人で「雨が止みますように」とお願いしました。

すると次第に空が明るくなり・・雨が小降りになってきました。

日が差すようになってからは雨も止み、その後晴天が続いたおかげで

土石流の心配も無くなり、避難をしなくても済みました。

 

雨が降っている間、大きな被害が出ている地域についてTVで観ていた子どもたちは、

とても不安を感じていたようです。

私自身も不安を感じつつ・・『大天使ミカエルオラクルカード』を引いたのですが、

その時に出たのが ↓ のカードでした。

f:id:eternalchild:20200611155610j:plain

【あなたの家は天使に守られています】

「このカードは、あなたが家庭や生活に関する悩みや無力感を抱いていることを

 示すものです。・・・

 天使が現在の住まいを守り、安全と経済の安定を確保しています。」

 

子どもたちもカードを見て、「ミカエル、ありがとう!」と言っていました。

偶然が重なっただけなのかもしれませんが、県内に甚大な被害が出ている中で

私たちの住んでいる町は一部山が崩れたり、道にひびが入ったりしたものの、

それほど深刻な被害は出ませんでした。

・・今こうしていられることに、こころから感謝しています。

 

私は特定の信仰を持っていませんが、元々「日本人の信仰」に興味を持っていて、

大学の卒論のテーマが神社に関するものでした。

神職課程を履修したのも、「祝詞」の意味を知りたかったからです。

中・高校はキリスト教カトリック)の学校に通っていて、

宗教の時間には聖書を読みましたし、「祈り」の時間もありました。

大学では神道を勉強し、熱田や伊勢の神宮での奉仕などをして、

滅多にできないような経験をさせてもらうことができたと思っています。

それが今の生活に直接役に立っている訳ではないけれど(苦笑)、

教会でも、神社でも、旅行で行ったさまざまな宗派のお寺でも、

「自分は生かされている」という感覚・・

言葉では言い表せないような「何か大きな存在」を感じることができました。。

 

「ありがとうございます」と、素直に感謝するこころを常に持っていたいと

思えるのは、とても幸せなことなのかなと思っています。

これからも頑張ろうと思います。

 

糸かけ曼荼羅。

昨日、娘は「まち探検」がよほど楽しかったらしく、

学校から帰るとずっとその話ばかりしていました。

あとから帰ってきた息子にも、そして仕事から帰宅した夫にも、

楽しそうに話をしていました。

さすがに暑い中を結構な距離歩いたので、みんな疲れたようです。

娘は幼稚園の時、暑い日も寒い日も私と一緒に徒歩と電車で3年間通園したからなのか

「今日はたくさん歩いたけど、私は大丈夫だった」と胸を張っていました。(笑)

 

今日も暑いです。

携帯用の保冷剤では役に立たないため、子どもたちは濡らして使うタオルを持って

学校に行きました。

明日からは雨模様が続くみたいで、もう梅雨なのかと思うと気が重いです。

湿度や気温がどちらも高いのは、暑さに弱い私にとってはまさに「苦行」です。。(-_-;)

これから・・7、8月の篤さはどうなるのだろう?と心配です。💦

子どもたちも一応夏休みはあるようで、1か月を予定していたお休みは

1週間減らされることになり、「思ったよりは(休みが)あったな」という印象です。

 

 

 

さて、先日「糸かけ曼荼羅」の作品をブログに載せようと撮影していたところ、

久しぶりにやってみようという気になったので、以前作っておいた板を出しました。

f:id:eternalchild:20200608191824j:plain

糸かけ曼荼羅用の板は販売もされているのですが、高いので(^-^;

(複数回するのだったら)自分で作ったほうが安いと思い、

桐の板と釘をネットで、100均で金槌を買い、自作しました。

参考にしたのは、↓のサイトです。

 

【自分で自分を癒す糸かけ曼荼羅

https://mandala-an.jimdofree.com/%E7%B3%B8%E3%81%8B%E3%81%91%E6%9B%BC%E8%8D%BC%E7%BE%85%E3%81%AE%E4%BD%9C%E3%82%8A%E6%96%B9/

 糸かけ曼荼羅のやり方についてとても丁寧に解説してあるので、分かりやすいです。

 

私は幼稚園の保護者会の手作りサークルで、糸かけ曼荼羅を知りました。

子どもたちが通った幼稚園はシュタイナー教育を取り入れていましたが、

シュタイナー教育ではこの糸かけ曼荼羅を算数(素数)の勉強に使っていたそうで、

その繋がりで保護者会のサークルでも何度か行われました。

(私も2回参加しました)

 

サークルでは釘(ピン)の本数が48本でしたが、

もう少し多いものにチャレンジしようと、家で作ったのは64本の板です。

まず1週目ですが、

一番上真ん中のピンを「0」として右方向に31進んだ場所にあるピンに

糸をかけていきます。

そこから続けて右方向に31進んだ場所にあるピンに糸をかけて・・を繰り返し、

ピン全部に糸をかけると「0」に戻るので、そこで糸を結んで切ります。

f:id:eternalchild:20200608191935j:plain

 

2週目は、「0」から29右方向に進んだ場所にあるピンに糸をかけます。

f:id:eternalchild:20200608192016j:plain

1週目・・31

2週目・・29

3週目・・23

4週目・・19

5週目・・17

6週目・・13

7週目・・11

8週目・・ 7

9週目・・ 3

 

それぞれ素数だけ右方向に進み、糸をかけていくと・・

 f:id:eternalchild:20200609112304j:plain

私は8週目まで糸をかけました。(板の大きさ:縦横ともに20cm)

糸は手縫い糸を使うことが多いです。(ミシン糸は滑りやすいので難しいそうです)

 

何も考えずに集中できるし、色で心理状態を分析しても面白そう。。

今回はずっと苦手にしていた赤色の糸を使ってみましたが、

全体的に薄い色(パステルカラー)を多く使うのは、「いつもと同じ」です。💦

しかも、1週目の薄いブルーと2週目の薄い紫が

オーラソーマの44番(私がいつも1番目に選ぶボトル)と同じ組み合わせなのは、

自分でも笑えます。。(^-^;

 

幼稚園のサークルで初めて作業した時、「これはカラーセラピー向きかも?」と

思っていたのですが、

TCカラーセラピーのセラピストさんが糸かけ曼荼羅の本を出したりなど、

TCカラーセラピーを勉強している方たちの中では割とブームになっているらしく・・。

(昨日、ネットで糸かけ曼荼羅の検索をして初めて知りました💧)

頭や手先の体操になるし、カラーセラピーもできる・・という優れもの(?)として

人気があるようです。

 

ちなみに、昨日糸かけをしていたら娘が「スゴイなぁ、糸かけ曼荼羅」と

自分もやりたそうにしていたので、娘のためにピン数が少ない板を作ろうかなと

思っています☆